>

歯周病のセルフチェック

この記事をシェアする

歯周病ってどんな病気?

歯周病は、ブラッシングがうまくできていないことで歯と歯ぐきの境目に歯垢(プラーク)が蓄積し、歯茎のまわりが炎症を起こして赤くなったり、痛みはないことが多いものの腫れを起こしたりする病気です。
歯周病がひどくなると、歯と歯ぐきとの境目がどんどん深くなり、歯槽骨という歯を支える土台の骨が溶けてしまい、最終的には歯を抜いて治療しなければならないこともあります。

また、歯周病を引き起こす細菌、歯周病菌はダメージを受けた歯ぐきから血管内に侵入して全身にまわってしまいます。
血管に入り込んだ菌は体の持つ力で死滅しますが、菌の死骸の中の毒素は体内に残って血糖値に悪影響を及ぼすと言われています。
逆に、歯周病も患う糖尿病の患者さんに歯周病治療を行ったところ、血糖値のコントロール状態を示す値が改善したというデータもあるんですよ。

歯周病が体に与える影響

歯周病が体に及ぼす影響は、糖尿病だけではありません。

血管の中に入り込んだ歯周病菌が血流で全身に運ばれて血管壁に付着することが、動脈硬化に関係しているのではとも言われています。
食生活の乱れや運動不足、そしてストレスなどが動脈硬化の要因とされてきましたが、近年別の要因として歯周病菌などが注目されています。

動脈硬化が心臓の血管で起こると狭心症や心筋梗塞につながり、心筋に血液を送る血管が狭くなったりふさがってしまいます。
また、脳の血管が詰まると脳梗塞になり、いずれも場合によっては死に至ることもあります。

金融保険系企業の産業医と東京大学の研究チームが共同でおこなった調査によると、歯周病が強く疑われる人は、疑いのない人に比べて心筋梗塞の発症が約2倍多いという結果が出たそうです。